遠距離の恋に負けない想い。

遠距離に負けない恋。


会いたい人に会いたい時に会えない。
それが遠距離恋愛の辛いところ。

辛いことがあった日、悩みごとを聞いて欲しい時に相手が近くにいないことは何より寂しいだろう。
簡単に会うことはできないと分かっていても、きっと「この人しかいない」という思いがあるから遠く離れても頑張れるのだと思う。

遠距離の寂しさに打ち克つにはどうしたらいいだろう。
それは自分と同じ寂しさを相手も同じように感じていると理解することだ。
寂しいのは自分だけじゃないと思えば寂しさも少しは和らぐ。
好きな人が同じ気持ちでいてくれることが会えない時にどれだけ心強いだろう。

たとえそれが寂しさであっても、同じ気持ちであることで一緒に乗り越える強さに変わることもある。
寂しいのはお互い様。それを忘れてはいけないと思う。

遠距離恋愛の壁。

遠距離恋愛にはたくさんの壁がある。
その一つ一つは一人では乗り越えられない。
どの壁もお互い手を取り合い乗り越えよう。
相手の顔が見えない分、不安になることも多いと思う。

時には言い合いや、喧嘩もあるかもしれない。
二人の離れた距離を埋めるものは相手への思いやりだ。
大事なには相手の心がちゃんと見えていること。
心さえ近くに感じたなら不安も少なくなるだろう。

会えないかった寂しさは会えたその日には消える。
けれど「またね」と手を振ればまた寂しさはやって来る。
その寂しさは特別なものだ。
その寂しさを愛そう。
そしてまた会える日には一番素敵な自分でいよう。

距離に負けないように。


「この人しかいない」と思える人に出会えたこと。
そう変わらず思い続けられる二人でいたい。
本当の気持ちがあるなら離れていてもきっと大丈夫。

距離に負けないように、自分に負けないように。

今日の言葉

不安に押しつぶされそうな時、
分け合う二人がいい。
大切な相手の不安や悩み、
弱さと一緒に付き合い、
分け合えたらいい。


こちらも読みたい。

遠距離だから思い合える二人がいい。


ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「人生を変えてしまうほどの、恋をした」(KADOKAWA)より発売中。