一番好きな人だから、手放して心を整える。

報われなかった恋に向き合うためには。

Q.

初めまして。

ブログ拝見しました。インスタでもフォローさせていただいてます。ご相談というのは、今の私の心の持ちようについてです。

4年前に転勤して来た7つも下の上司に恋をしました。彼も私も既婚者です。私には子どもが3人いますが、彼にはお子さんがいなく、そのぶん奥様のことをとても大事にされていました。プライベートでは奥様がいても、仕事では家族以上に一緒にいて、仕事上の良きパートナーでありましたから、自分でも職場では妻みたいだな、なんて思っていました。

異動をきっかけに、私は彼に自分の気持ちを伝えてしまい、結果、今までの良い関係を自分で壊してしまいました。それでも彼は仕事で行き詰まった私をさりげなくサポートしてくれていました。私は自分のことしか考えず、後悔したくないからと、想いを伝えてしまったことが彼を戸惑わせてしまったことに気付き、カフカさんの本を読んでは元に戻れない日々を思いだして泣いてばかりいました。

仕事のことも相まって、2年近く休職し、少しずつではありますが、今は前を向けるようになってきました。彼は現在、都内の別の支社に異動になりましたが、いずれ地元の北海道に戻ることになります。私はもう一生彼とは会えないと思っています。せめて心のなかで想い続けるぶんには構わないですよね?ネックレスや指輪にそっと彼のイニシャルを刻んでは、毎日お守り代わりに身につけています。私の心の持ちようはこれでいいのでしょうか?

相手を想うからこそ、告げない言葉もある、みたいなことがカフカさんの本の中にありました。もう少し早くこの本に出合っていたら、たぶん私は想いを伝えることもなく、いい関係を保てていたかと考えると、いてもたってもいられなくなります。後悔したくないからと、想いを伝えたことは、やはり誤りだったのでしょうか?長くなってすみません。

大切な人だからこそ離れる決断をする。


A.

ご相談にお答えします。

メールを拝見するに、7つ年下の上司の彼はとても優しい人だと伝わりました。お互いが既婚者、そして部下である貴方の仕事のパートナーである立場から、貴方と恋人として繋がることはせず、それでも仕事の良きパートナーであろうとする姿は貴方を思ってのことだと思います。

彼の方に貴方への恋心があったのかは分かりませんが、三人もお子さんがいる貴方のことを尊敬し、人として向き合ってくれていたことは想像出来ます。お子さんが三人もいながら働くことはとても大変ですから。お子さんがまだいない彼は余計にそう思っていたのではないでしょうか。

貴方が彼に想いを告げたことを否定しません。どうしても溢れてしまう想いはあると思います。しかし彼が貴方に対して、貴方の家族やお子さんを大切にして欲しいという思いがあったことをどうか想像して下さい。

もう二度と会えない彼をずっと想うことは自由です。切ないですが、そんな風でしか愛せない恋もあるでしょう。

彼が貴方を思ってとった行動と優しさを思い出して、もう一度自分が本当に大切にするべきものと向き合ってみてはどうでしょう。

大人の恋愛は時ににどうしようもない気持ちになることがあります。だからこそちゃんと自分の心と向き合う必要があるのではないでしょうか。

とても寂しく切ない想いはあると思いますが、自分と本当に大切な人を大事にすることが、優しい彼の最後の願いのような気がします。

ご参考にして下さい。

今日の言の葉

大切な人だからこそ、一番の思いやりを。

 
 

恋愛相談はこちらのメールアドレスにて受け付けています。お気軽に送って下さい。

 
 

→ kafuka.blog@gmail.com

 
 
 

送られたご相談は全部読ませて頂きますが、相談件数が多い場合、全ての質問に答えることは出来ません。何卒御了承ください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ」(KADOKAWA)より発売中。