「恋愛を長続きさせたい」大切な恋を長続きさせる5つの秘訣。

せっかく良い人と出会っても、恋が長続きしない。
最初は盛り上がっていたのに、急に冷たくされて別れてしまった。
そんな短命の恋に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は恋愛を長続きさせるためにはどうしたらいいのか。
インスタグラムででアンケートを取り、一部参考にさせて頂きました。
恋を長続きさせるにはどんな秘訣や心がけがあるのか。

大事な恋ならずっと続いて欲しい。
誰もがそう願う筈です。
大切な人をもっと大切にできるようなヒントになれば幸いです。

恋愛を長続きさせる秘訣。「相手を思いやる」

「相手の気持ちを思いやる」
頭では分かっているけれど具体的にどうすればいいのか疑問に思う人もいるかもしれません。

確かに恋愛は二人でするもの、その中で相手の気持ちを考えながら行動することは大切なことだと思います。

独りよがりな恋愛だと、相手も自分も疲れてしまうことがあります。

好きだからこそ相手の気持ちを考えたい。
それでは具体的にどんな心がけが必要なのでしょうか。
ひとつひとつ見ていきたいと思います。

相手を思いやる行動

1. 相手を束縛しない。
2. 相手に干渉し過ぎない。
3. 相手の好きなものを尊重する。

相手を束縛しない。

「執着をやめること。少しの距離や時間をおくことや、お互いの時間を大切にお互いを尊重すること。」

好きだからといって、恋人だからといって、
彼を束縛し過ぎては相手もきっと疲れてしまいます。

自分の気持ちが強いほど、相手の行動を制限したくなる思いがあると思いますが、その気持ちが相手にとって「重い」と感じさせては、
大切な恋が少しずつ苦しくなってしまうのではないでしょうか。

相手からの連絡を過剰に要求する。
相手の予定を無視して無理に会おうとする。
どこで、何をしに、誰と会うのかを言わせる。

これら全て当てはまるときは、相手をかなり束縛しているといってもいいと思います。

束縛してしまうときはきっと不安な気持ちが強いのだと思います。
好きな人が自分から離れるかもしれない。
そんな恐怖や不安で相手を束縛することで、繋ぎ止め、安心しようとしているのかもしれません。

大切な相手なら、自由にさせる余裕を持つこと。

気持ちに余裕を持って相手と接することができたなら、
相手も安心をして付き合うことができると思います。
ただ自由にさせ過ぎて浮気をされてしまっては意味がないので、
そのさじ加減は上手く調整しなければいけません。

遠距離の恋に負けない想い。

相手に干渉し過ぎない。

「私自身としては、お互いをあまり干渉しない事だと思います。会えない時間は、それぞれの時間を充実させて楽しく過ごす、会った時にお互いの話などをする、情報交換みたいな。そうする事で視野も広がるし成長できると思います。」

干渉し過ぎないこと。
これも相手を束縛しないということに似ているかもしれません。

ある程度、相手を自由に、干渉し過ぎないことは大切なことです。
特に相手の趣味や嗜好に干渉し過ぎてしまうと、
相手は自分の好みや、人格さえ否定されたような気持ちになるかもしれません。

恋人だからこそ、踏み込み過ぎない場所を知っておく必要があると思います。

恋愛で大切なことは距離感です。

どんな仲のいい二人でも、心のテリトリーは守られなくてはいけません。

踏み込んでもいい場所といけない場所を知ることで、
お互いの心地よい距離が自然と把握できると思います。

相手の好きなものを尊重する。

たとえば自分があまり好きではないものでも、相手が好きだったなら、
その気持ちを尊重することは大切なことです。

相手の価値観を尊重することで、自分との違いを楽しめるようになったなら素敵なカップルになると思います。

違いやズレは誰にでもあるもの。
そのズレを楽しめるか、否かで大きく恋愛模様は違ってくると思います。

好きな音楽、好きな映画、好きな本。
違うからこそ面白く、また相手の違いを認め合うことで、
お互いの「好き」がより分かることができると思います。

恋愛を長続きさせる秘訣。「感謝の気持ちを持つ」

恋愛を長続きさせるには相手に感謝の気持ちを持つことが大切です。

どうしても付き合いが長くなってしまうと、あたりまえと思ってしまうことがあります。

会ってくれることはあたりまえ。
メールをくれることはあたりまえ。
ご飯を奢ってくれることはあたりまえ。

そんな風にお互いの関係に慣れてしまって、感謝の気持ちを持つことを忘れてしまうことがあります。

それではどんな風に感謝の気持ちを表せばいいのか書いて見ました。

感謝の気持ち

1. 感謝の気持ちを言葉にする。
2. 素直な気持ちになる。

感謝の気持ちを言葉にする。

「どんな事にも感謝する。相手がしてくれた事、かけてくれた言葉、嬉しかったら素直に伝えるし、些細なことでもありがとうを伝えています。」

日頃に思う感謝は言葉で伝えることが大事です。
「ありがとう」と心で思うよりも、一言でも言葉があれば心がほぐれたり、
また会う日まで頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

不安な時は相手の気持ちが分からないときだと思います。
感謝の言葉だけではなく、常日頃自分が思っていることを、
相手に伝えることで、不安も消えることもあります。

「ありがとう」は魔法の言葉だと思います。

電話をありがとう。
時間を作ってくれてありがとう。

そんな風に小さな「ありがとう」を伝えることが、
恋愛には必要だと思います。

素直な気持ちになる。

「ありがとうと大好きは惜しまないで伝えるようにしています。あと少しでも気にかかることがあったら、その日のうちにごめんねを言います。相手からごめんねと言われたら、私も悪いところはなかったか考えます。」

喧嘩をしてしまったときなど、つい意地になってしまうこともあるのではないでしょうか。
どちらかが折れるまで待つことはとても危険なことだと思います。

「ありがとう」と同じくらいに「ごめんなさい」と素直に言えることは大事なことです。

少しでも自分が悪かったと思うときは素直に「ごめんね」と言うことで、
相手も意地を張ることをやめ、素直にその気持ちを受け入れるでしょう。

喧嘩をすることで、本音をぶつけ合い、言いたいことをいえばスッキリもするでしょうが、少し冷静になって頭を冷やしたときに「あんなことを言わなければ良かった」と思うこともしばしばあります。

相手の心が離れてしまってから後悔しても遅い場合があります。
「素直になりたい」と思ったときが素直になるときではないでしょうか。

まとめ。

恋愛を長続きさせる秘訣
1. 相手を束縛しない。
2. 相手に干渉し過ぎない。
3. 相手の好きなものを尊重する。
4. 感謝の気持ちを言葉にする。
5. 素直な気持ちになる。

大切な恋なら失いたくない。

そう思うなら自分だけの気持ちではなく、
常に相手の気持ちに寄り添い、素直な気持ちを持って付き合うことが大切なことだと思います。

好きだからこそ、気をつけることや配慮できることがあると思います。
そしてもっと相手の心に寄り添える自分でありたい。

この項目を読んで少しでも今後の恋愛の参考になれば幸いです。
そしてアンケートに答えてくださって方にも感謝いたします。
一部、引用させていただきました。
ありがとうございます。

 

合わせて読みたい。↓↓

愛が足りないと嘆くより、今ある幸せを大事にする。

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「人生を変えてしまうほどの、恋をした」(KADOKAWA)より発売中。