過去の恋愛を引きずらないで今できること。

恋愛相談
今日は片想いをしてきた先生との向き合い方について、どうすれば過去の恋を引きずらないで今を大事にできるか。ご相談にお答えしました。

今現在大学1年生18歳です。

私は高校3年間片想いをしていました。

相手は先生でした。

卒業してからも変わらず大好きでした。

連絡もほぼ毎日取り合ったり、たまに2人だけで会ったり、とそういう事が続き少し浮かれぎみでした。

でも先生は先生、そこから1歩踏み出す勇気もなく、告白する勇気もなく、今の関係のまま安定でいることを取りました。

そこで、大学生の内にしか出来ない恋愛を今のうちにしていた方がいい。もし仮に先生と付き合えたとしても堂々とはできない。先生は忙しいからイベント事も祝えたりしないかもしれない。自由な恋愛ではない。と友達と話している時にそういわれました。

私は好きな人が出来ると一点集中で他の人が見えなくなります。友達はそれを分かっていて、だからこそ周りをよく見てから判断することも大事だよ。と言ってくれました。

私は思いっきって先生との連絡を一旦終わり、まずは1度初心に戻って自分が今1番大事にしなければならないことはなにか。その時すごく考えていました。

答えは大学生活を充実させること。

授業、サークル、アルバイト、遊び、全てを両立させることでした。まずはそこに打ち込んでみよう。そう思いました。

するとやはり周りに目を向けると多くの出会いがあります。学校でもバイト先でも友達が沢山でき、今では凄く充実しています。そして大学もバイト先も同じで凄く頼りになる彼氏も出来ました。今はその彼氏にぞっこんです。大好きで大好きで仕方ないです。

しかし、付き合って1週間ほどだったある日。

連絡を辞めていた先生からLINEがきました。

「久しぶり!今日バイト?」

今まで私が積極的にLINEをしていたのに、いつもだったらすぐ終わるような会話も今は終わりが見えません。

今現在、私の中の先生は憧れの先生ポジションにいます。きっとこれからLINEが続いたとしてもまた先生を好きになることはないでしょう。

でも、今まで私が散々追いかけ回していたのに、どうしていきなり先生から連絡してきたのか。私には全くわかりません。

もしこれで私の気持ちが少しでも揺らいでしまったら、そう考えると怖くて仕方ないです。私は今の彼氏と幸せになりたい。ずっと一緒にいたい。

だからこそどうしたらいいのか、カフカさん教えてください。

先生との連絡はこれから続けるべきでしょうか。

私は教育実習生として3年後母校に行くのでなるべく気まずくなるのは避けたいです。

相手の立場になって考える。

ご相談にお答えします。

まず先生の立場になって考えてみると今まで連絡があったあなたから、
急に連絡が無くなってしまい、びっくりしたのではないでしょうか?
戸惑ったのではないでしょうか。


先生側にあなたに対して恋愛感情があるのか分かりませんが、
単純に今まで親しくしていた教え子から連絡が無くなったので心配になってあなたにLINEをしたのかもしれません。


連絡を断つにしても、あなたからもう少し相手に伝えることがあったのではないでしょうか。何も説明がないと向こうもあなたに何があったのか分からないと思います。

曖昧にせず伝える。


今回は先生に対して少し説明不足だったのかなと思いました。
大学生活を充実するため、また、好きな彼氏が出来たからLINEをすることを控えると先生に伝えるべきだったのかなと思います。


大学生活に向けて次に進むのはとても良いことだと思いますが、少しあなたと先生の関係が曖昧に思いました。ちゃんと切り替えるために言葉にして先生に伝えたほうが気持ち的にスッキリしたのではないでしょうか。

今出来ることはあなたの彼氏を大事にすることです。
そしてもし、今後先生から連絡があったなら今彼氏もいて、大学生も充実していると伝えてみたらどうでしょう?

誰を大切にするか行動で示す。


もしまた先生とLINEをして気持ちが揺らいでしまうならそれはあなたの責任です。

彼氏が一番大事と思うならちゃんとケジメをつけなければいけません。

先生があなたを教え子のひとりとして大事に思ってくれるなら、きっと応援してくれると思います。

これから実習生として母校に行くことがあるのなら、尚更先生と教え子の立場をしっかり線引きしないと、先生と二人であったり、仲良くLINEしたりする行動は今の彼氏に失礼だと思います。

誰を一番大切にするべきか分かっているなら、心は揺らぎません。

自分の意思を態度で示して下さいね。
彼氏さんを大事にして下さい。
相談ありがとございます。
ご参考にして下さい。

今日の言の葉
今大切な人のために心にケジメをつける。


恋愛相談はこちらのメールアドレスにて受け付けています。お気軽に送って下さい。

→ kafuka.blog@gmail.com

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ」(KADOKAWA)より発売中。