《おすすめ本》川上弘美「センセイの鞄」



定期的に思い出しては本棚から取り出し読み返す本がいくつかある。
川上弘美さんの小説「センセイの鞄」もその一つだ。

これは恋愛小説なのだけれど、どことなく普通の恋愛小説というものと少し趣が違うような気がする。
年齢が離れた二人の恋愛だから少し特殊というわけじゃなく、もっと恋よりも深い、人と人との愛が描かれているように思う。

物語は主人公のツキコさん(37歳独身)が行きつけの飲み屋で、今は退職をした高校時代の国語教師のセンセイとばったり出会う所から始まる。センセイはツキコさんよりも30も年が離れていて、妻に先立たれ、今は一人暮らしをしている。この飲み屋でのカウンターで二人が酒を呑みながら酒の肴を食べるシーンがこの小説には多く登場する。(読んでいたら飲みに行きたくなる)

二人は待ち合わせをするでもなく、この飲み屋で再会をして何軒かはしご酒をして、センセイの家に遊びに行くこともある。
この小説の面白いところは二人の距離感だと思う。
時につまらない喧嘩もしながら、少しずつお互いが惹かれ合う描写が絶妙で、読んでいて、くすぐったくも温かい気持ちにもなる。

センセイはツキコさんの恋人というよりも、父親のような存在のようなときもあり、また昔と同じ先生のようにツキコさんを優しく包み込む。
小説を読み終わった後もセンセイの「ツキコさん」と優しく呼ぶ声がずっと耳の残るくらいに、読み手はこの二人の心情に優しくこころを揺らされると思う。

恋愛に限らず、年の差というものはいくらでも越えていけるものなのだと、この本を読んでいて思う。誰かが誰かを愛する時、年齢は関係ないと思う。
年の差を気にしている人は世間体を重んじる他人くらいなもので、本人同士にすればなんの弊害もないのだ。

時々、恋愛相談のメールで恋人との年齢の差を気にする人がたまにいるけれど、恋愛に年の差は全く関係ないと思う。自信を持って愛してあげてくださいと思う。

人は誰かを好きになった瞬間から、その人を失う怖さと戦わなければならない。いつか失うかもしれない。だからこそ今ある気持ちや愛する気持ちは尊いものなんだと、この小説は教えてくれる。

「センセイの鞄」は恋愛小説の形をした、人を愛する尊さを教えてくれる愛の物語だと思う。
オススメの一冊です。

川上弘美「センセイの鞄」

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ」(KADOKAWA)より発売中。