別れを決めて執着を手放す。これからの自分にできること。

彼からの愛情が薄くなって来たと感じても、
今までの楽しかった記憶から完全に別れてしまうことをためらってしまう。
今回の恋愛相談は別れることに怖さを抱えていて、
あと一歩前に踏み出せない方からのご相談にお答えしました。

別れを決めて執着を手放す。

 

相談ですが、今付き合って半年の彼氏がいます。
チャラくて自由な人で、
私の理想とはかけ離れていたけど、
自分と正反対のものを持つ彼に惹かれ
「この人好きになっちゃダメな人だ」って
思いつつも、告白して付き合いました。

最初彼には恋愛感情はなく、
女性としても人としても大切にされてないなと感じることが多く、
いわゆる「都合のいい女」ポジションだと感じでいました。
でも会っている時は本当に楽しくて幸せです。

付き合って2ヶ月の時に、彼から
「今は好きになれたよ」と伝えてもらい、
大事にされてるなぁって伝わってきてました。

しかしその現状にもう満足したのか、
徐々にまた付き合いたてのそっけない
関係に後戻りしている気がします。

会っていてもケータイを触ってばかりいたり、
誕生日も忘れられていたり、
連絡も返信があまりなかったり、
きつく八つ当たりされたり、
もう彼の中に私は少しもいないのかな、と
寂しく辛くなることが多いです。

かと言って、この気持ちを伝えたところで向き合ってくれて話し合いができる彼とは思えません。

私は彼のことを信頼できていないし、
人として尊敬もできていません。
自分のことをもう全く見ていないであろう
彼に対し、実際やっぱり好きだなぁと実感する瞬間もあるけれど、
何か自分の中で彼に執着して、
好きでいようと彼を正当化している自分もいます。

ただ一方通行な辛さもあります。
このまま無理をしてそんな彼を追いかけ続けてがんばることは、
自分にとって本当の幸せじゃないと思います。

でも今までの幸せだった瞬間が強く、
それを失ってしまうような、
別れたらそんな自分も無くなってしまうような弱さや怖さもあり、
自分の中で考えている「別れ」になかなか進めません。

でもきっと、別れた後の自分の方が、
自立して強くなれるような、今の自分より好きになれるとも思います。

恋の執着を捨てて進む。


ご相談にお答えします。


メールを拝見する限り、彼に対する過去の愛着だけが残っていて
愛情はもう無くなってしまったのだと思います。
信頼も尊敬もできない人とこれから付き合っていくことは、
やはり少し難しいことだと思います。


彼もあなたに対して愛情がないと思います。
会っていても携帯を触っていたり、誕生日を忘れるということは
もう態度にそれが出ていますね。
ただ惰性でこのまま付き合っていても、
あなたの幸せは見つからないのではないでしょうか。


ただ、あなたが言うように別れてしまうことが、
自分の過去が無くなってしまうような怖さがあるお気持ちも良くわかります。
楽しかった記憶は確かにそこにあって、それは本当のことだけれど、
一番あなたにとって大切なのは今とこれからの未来ではないでしょか。


恋愛の難しいところは良くも悪くも変わってしまうことだと思います。
愛情がそのままならば問題がないのですが、少しずつ最初のフレッシュさが失われ、慣れや惰性が生まれ、好きと言う最初の気持ちも薄くなってしまうことがあります。


そして、最初にあった優しかった記憶、嬉しかった言葉を思い出し、
今蔑ろな態度をされても許してしまうことがあります。


でもそれは結局、愛情ではなく、やはり思い出への執着なんだと思います。
その執着を捨てて今前に進む時が来たのではないかと思います。

執着を捨てて新しい自分になる。


何かを捨てることはそれまでの自分を否定することでは決してなくて、
新しい道に進む一歩だと思います。



今の現状の自分があまり好きではないと感じてしまうのは、
捨てきれない自分の迷いや不甲斐なさにご自分で気持ち良くなくて、
腹が立っているのではないかと思います。


「捨てる」と言う言葉があまりにもダイレクトで生々しいと感じるならば、
「整理する」と考えてみてはどうでしょう。
自分の気持ちのモヤモヤの原因を、客観的に心の中を覗いて見て、
本当にこれはいるもの?と考えてみれば、
自ずと捨てるべきなもの、整理するべきものがはっきりするのではないでしょうか。


そしてその中には捨てられないものもあるでしょう。
例えば優しかった彼との思い出、記憶たち。
それらをきちんと自分の心に整理をして、
大事なものだけ残せばいいと思います。


それら心の作業が自分で出来たなら、
心軽くなっているのではないでしょうか。
捨てる怖さ、そして変わってしまう怖さに打ち克った時、
あなたが言うように自立した自分になって、
もっと自分のこと好きになるのではないかなと思います。

最後に。


別れはどんな時も寂しいものだと思います。
今の彼があなたに対して冷たい態度だとしても、
楽しかった時間は確かにそこにあって確かなものだったと思います。


しかし、あなたの幸せを優先するならば、
彼から卒業をして、自分の足でもう一度再出発していいと思います。
今その怖さから立ち上がる勇気をぜひ持ってください。


そして離れることが正しかったといつか思う日は必ず来ると思います。
自分のことを好きでいるために、
自分の幸せを見つけるために、一度よく考えて答えを見つけてください。
この相談の答えが少しでもお役に立てれば幸いです。
頑張って下さい。


ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ」(KADOKAWA)より発売中。