元彼と復縁できるかも。その可能性と見極め方。


別れてしまってからも、元彼を忘れられずにいて、できるなら付き合っていた頃に戻りたい。復縁をしたい。
そう思う人も多いと思います。

今回は2年前に別れた元彼と毎日連絡を取るものの、彼の態度を見極めることができず、これからどうすればいいのか悩んでいる方からのご相談にお答えしました。

元彼と復縁できるのか、その可能性と見極め方をまとめましたので参考にしてください。

元彼と復縁したいけど、彼の態度がわからない。

約2年前に別れた、元彼の相談です。

2年ほどお付き合いしましたが、私が転勤で地元を離れて遠距離となりお別れしてしまいました。
もちろん遠距離ではなく、お互いに根本の原因があることは承知しています。

別れて半年ほど冷却期間を置きましたが、それ以降だんだん連絡を取るようになり、ここ1年程はほぼ毎日電話をしています。

普段から連絡をとっているので、私が地元に帰る時は、共通の友人を含めて飲んだりします。電話ではたくさんお喋りしてくれますが、実際会った時に2人になると、素っ気ない感じがして彼の気持ちが分かりません。

電話では、彼は仕事で頑張ったことなどを、私に聞いて欲しそうにたくさん話してくれます。
私も仕事での悩みなどを相談し、いつでも私の味方でいてくれるような、今でも心の支えになる存在です。

私も彼も、お互い別れてから彼氏彼女をつくらずのままです。

付き合っていた時に本当に運命を感じて、この人とずっと一緒にいたい、結婚したいと思っていました。
彼もそう感じていたのがすごく伝わってきました。

彼に執着しているのかもしれませんが、彼から愛を受け取って本当に幸せで、今でも毎日思い出してしまいます。

ただ関係が壊れるのが怖くて、彼もまだ私のことを想ってくれているのか、それともうんうんって話を聞いてくれる元カノとして私を利用しているのか、、彼の想いを聞けません。

今後彼とどうしていくべきでしょうか。
カフカさんの考えをお聞きしたいです。

元彼との復縁の可能性は?その見極め方。


ご相談にお答えします。

今回のご相談を読むとあなたは元彼にまだ気持ちがあって、できるなら彼とよりを戻したい、復縁したいという気持ちが強いのかなと思いました。

結論から言いますと、復縁の可能性は十分にあると思います。
その理由と見極め方をまとめましたので参考にしてください。

復縁可能な見極め方
・二人の別れ方。
・別れた後の冷却期間。
・お互いの恋人の存在。
・別れた原因と向き合えるか。
・お互いの愛情の確認。

ひとつひとつ説明していきます。

 

まだ好きな元彼に想いを伝えるべきか、諦めるべきか悩んでいる方は合わせてこちらの記事を読んでください。▽

まだ好きな元彼に想いを伝えるべきか、諦めるべきか気持ちの向き合い方。

2020年6月30日

二人の別れ方。


復縁が可能かどうかを見極めることで重要な事柄は、二人が過去に恋人だったときの別れ方にあると思います。

別れ方も様々あり、相手の浮気だったり、価値観の違いなど、どうしても許せない、合わないと感じてしまう別れであったなら復縁の可能性は低いと思います。

また、反対に仕事の関係や移動などで遠距離になってしまった場合や、どうしても家庭の事情で別れなければいけない場合もあると思います。


この場合はお互い嫌いになって別れたわけではないので、復縁の可能性は高いのではないかと思います。

・相手を嫌いになったり遺恨がある別れ。
・まだ好きで、お互いの事情による別れ。

大まかにこの二つのパターンによって、復縁ができるのか、できないのか大きく変わってくると思います。

今回、別れの原因はご相談内容を読んでも分かりませんが、毎日連絡をされているなら、嫌いになって別れたのではないと思いますので、お互い歩み寄って復縁ができる状態ではないかと思います。

 

別れた後の冷却期間。


別れた後すぐの二人はどうしても感情的になってしまう場合があります。

また、どうしても許せない部分や、別れたいと思う気持ちが強く、復縁を考える状態にはないと思います。

そしてある一定の冷却期間を置くことで、お互い冷静になり客観的にお互いのことを考えられることができます。
よく付き合っているカップルがしばらく距離を取ってみるのは、このためですね。

冷却期間を置くことで、自分がこだわっていたものや、相手の許せなかったところも冷静になってみると、自分が悪かったと思うことや、それほど怒ることもなかったと思うようになることもあります。

冷却期間は感情的な気持ちから一旦距離を置くことで、自分と相手を改めて見つめ直すいい機会だと思います。

また改めて、相手の重要さ、好きという気持ちの大きさに気付くのではないでしょうか。

このように復縁をするためにはお互いを見つめ直す冷却期間はどうしても必要なものだと思います。

今回、別れて半年の冷却期間を置いたなら、少しずつお互いを見直せる期間を持てたのではないでしょうか。

そして、お互いに「やっぱりこの人だ」と思うようになれば、復縁の可能性は十分に可能だと思います。

お互いの恋人の存在。


別れた後、どちらかに新しい恋人ができてしまった場合は復縁の可能性がぐっと低くなります。

たとえ相手への気持ちがあったとしても、相手の恋愛の邪魔になってしまうので諦めることしかできない場合があります。

また、たとえ恋人の存在がいないとしても、相手が気になっている人や、片思いをしている場合も復縁は難しいと思います。

その場合、相手の恋を応援する友達として見守ることが別れた恋人として唯一できることだと思います。

今回はあなたにも元彼にも決まった恋人がいないということで、もしかしたら相手も別れてから、あなた以外に好きになれる人がいなかった、
また、あなたにまだ気持ちが残っている可能性があるかもしれません。

ただ、一つの注意点は元彼に新しい恋人がいないからといって、あなたと思う一度恋人に戻ろうと彼は思わない場合もあります。

それは彼の気持ち次第でなんとも言えませんが、復縁は自分だけの気持ちではどうしようもないので、彼の気持ちをよく見極める必要があると思います。

別れた原因と向き合えるか。


復縁を望むなら、別れた原因と向き合って、お互いに修復する必要があります。

たとえば家庭の事情や、仕事の移動などで別れた場合はその原因を解消することが難しいこともありますが、相手の直してほしいところや、喧嘩になったところは話し合って改善できることもあります。

また相手のことだけでなく、冷却期間の中で、自分の悪かったところや反省をするべきところも改善することで復縁の可能性は広がっていくと思います。

このように一旦別れ、復縁できたカップルは別れた前よりも強い絆と繋がりを持つことができると思います。

大切なことは別れた原因と向き合うときは、

許せないことは許せないとはっきりさせることだと思います。

そうしないとまた同じことを繰り返してしまうことになります。

毎日話せる環境にあるのなら、お互いに冷静に別れた原因と向き合って、歩み寄れるものは歩み寄り、復縁に向けて努力してみてはどうでしょう。

お互いの愛情の確認。


復縁をする上で一番大切なのことは、

自分と相手にまだ愛情がそのまま残っているかということです。

自分だけ好きでいても復縁は難しく、相手も同じように気持ちが戻っていないと独りよがりな結果になってしまいます。

彼の気持ちを確認して、今の関係が壊れることが怖いかもしれませんが、もしあなたに復縁を望む気持ちがあるのなら、改めて話し合ってみてはどうでしょう。

彼があなたと二人で会った時に素っ気ない態度を取るのは、今は恋人同士の関係ではないから、彼なりに気を遣ってあなたと距離を置いているのだと思います。

どちらかが相手に歩み寄って、関係を修復しようとしなければ、今のように気持ちの距離も近ず離れずの関係のままだと思います。

また、たとえ復縁を断られても、あなたの中でこの恋愛に踏ん切りがつくのではないでしょうか。

相手からのアクションを待っていても、自分が思うような結果を得られず、ずっとモヤモヤしたままだと思います。

自分がどうしたいのか、誰を好きなのかをもう一度良く考え、自分から相手と向き合って話してみてはどうでしょう。

毎日話をしている関係なら、彼もきっとあなたのことを気にしているはずですし、本当にどうでもいいと思っているのなら、連絡もしませんし、既読も無視されるはずです。

少し勇気を持って一歩踏み込んでみてはどうでしょうか。

まとめ。


別れてしまってから、毎日連絡や仕事の相談ができるカップルはそう多くないと思います。

それはきっと彼の方でもあなたのことを考えているからだと思います。
彼にあなたへの愛情が残っているのかは彼にしか分かりませんが、嫌いになって別れたのでなければ復縁を考えてみてもいいのではないかと思います。

今、毎日連絡を取れる環境が壊れてしまうことが怖いかもしれませんが、結局あなたがそのままの状態でいたいのか、恋人として復縁したいのかで行動は変わると思います。

彼はあなたが彼の話を聞いてくれるから、あなたを利用したいだけ、とは思いません。
あなただから話をしたいのだと思います。

一歩踏み出すことで変わる風景があります。
頑張ってください。
応援しています。

《関連記事》▽

【元彼を忘れられない】失恋から前に進むための5つの対処法。

2020年6月12日

振られた元彼に連絡したいと思ったときの注意点と心がけ。

2020年7月6日

【別れた彼氏に会いたい】元彼に会いたいと思ったときの5つの対処法。

2020年6月6日

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「人生を変えてしまうほどの、恋をした」(KADOKAWA)より発売中。