別れた恋に執着しないための大切な心がけ。

恋人と別れても忘れられなかったり、
思い出してしまうことは仕方ないことだと思います。


本気で好きだったから忘れられないのは当然のこと。
思い出に変わるまでには、その想いの深さの分、
時間がかかるのではないでしょうか。


しかし、その愛情や未練が依存や執着になってしまうと、最初にあった本当の愛の形も変わってしまうのではないでしょうか。


今回、別れてしまった恋を執着に変えないために大切な心がけをまとめましたので、ご参考にして下さい。

なぜ執着してしまうのか。


まず、なぜ終わった恋に執着してしまうのか。


その執着にはちゃんと理由があるように思います。


たとえば、自分にとって初めての恋人だったり、
何度も告白をしても好きになってくれない人や、復縁を何度も繰り返すなど、
かつてそこにあった愛情が無くなってしまう怖さがどこかにあるのだと思います。


そして、その愛情なしでは生きていけないほど、相手に依存してしまい、
ときに愛情を返してくれない相手を恨んだりしてしまいます。


そして、自分だけ取り残されたような寂しさを抱えながら、
捨てきれない想いがやがて、執着に変わってしまうのだと思います。


どうすれば執着せずに、
心のモヤモヤが晴れるのか、
どうすれば次の恋へと進めるのか、
まとめましたのでご参考にして下さい。

 

《合わせて読みたい》↓↓

彼氏に執着してしまう理由と依存体質から抜け出す方法。

執着しないためにできること。

執着しないためにできること。

・自分が前向きに成長する。
・ヨリを戻す考えを捨てる。
・思い出の品を処分する。
・連絡先を全て削除する。
・恋愛以外の趣味や楽しみを持つ。
・新しい出会いを見つける。

自分が前向きに成長する。


恋愛に依存してしまうのは自己肯定感が低いことも原因だと思います。


誰かに愛されている自分がいなければ自己を保てない傾向にあるのではないかと思います。そしてその恋愛を失ったとき、自分の全てを失ったような喪失感があるのではないでしょうか。


依存や執着をせずに進むためには、
自己肯定感を上げ、自立しなければいけません。


大事な恋を失うことは、確かに身を引き裂かれるほど辛いものです。
しかし、誰かに依存して、いつまでも執着しても自分の幸せには繋がらず、
また相手に嫌われる可能性もあります。


綺麗な別れはないと思います。
別れにはどんなときも傷が伴います。


その傷を自分で折り合いをつけて昇華することが人の強さではないでしょうか。 
そして、常に前に向くことで、また新しい明日を手に入れることができると思います。

ヨリを戻す考えを捨てる。


別れてしまうと復縁を考える人も多いと思います。


また、周りで復縁をしたカップルを見ると
「自分も復縁できるのではないか」と期待してしまいます。


しかし、復縁は自分の気持ちだけでは難しく、お互いの関係を修復改善しようという意思が二人の間で無ければ復縁の可能性は無いと思います。


元恋人だからメールや電話をしてしまうこともあるかもしれません。
寂しさに負けて、つい連絡をしてしまうこともあるかもしれません。


しかし、それはひとりよがりな行為である可能性があります。
相手が嫌がっているなら、結果的に執着や依存になってしまいます。


元恋人だからといって何をしていいわけではありません。
その線引きを自分の手でしなければいけません。


復縁の可能性はゼロではありませんが、
ずっと復縁にこだわっていては、先に進む元恋人の望むものではないのなら、
潔く身を引く覚悟を持つことも必要ではないでしょうか。

思い出の品を処分する。


恋人から貰ったプレゼントはなかなか捨てられないものです。


思い出が詰まったプレゼントを捨てることは自分の過去を捨てるような寂しさがあり、どうしても捨て切れずに持っている傾向があります。


しかし、思い出の品を見るたびに相手のことを思い出したり、
会いに行きたいと思ってしまうなら、全て処分することも大切だと思います。


心の中のわだかまりや、こだわりは目に見えるものを処分することでスッキリすることがあります。

連絡先を全て削除する。


思い出の品を処分するのと同じように、相手の連絡先を全て削除することも、
執着を捨てる大きな一歩だと思います。


別れてしまっても、「いつか連絡があるかも」と連絡先を残していても、期待外れな結果になってしまうならいっそ全て削除してしまった方が気持ちもスッキリします。


また自分から連絡をしなくても、連絡先を残しておくだけでも自分の心のケジメはいつまでもつけることは出来ません。


執着を捨てるためには目に見えるものを潔く捨てることで、
ゼロから自分がこれから歩いていく気持ちになれます。


案外捨ててしまった後は晴れ晴れとした気持ちになると思います。
ずっと心に残った恋人のカケラは自分でケリをつけることで前に進めると思います。

恋愛以外の趣味や楽しみを持つ。


失恋の後はどうしてもその痛みばかり胸に残り、毎日何もやる気が出ないことがあると思います。


「自分の何がいけなかったのか」とずっとくよくよするより、
恋愛以外の趣味や熱中するものに打ち込んでみることも、失恋や執着から解放される良い手段だと思います。


また、新しい習い事も良いと思います。
自分の視野を広げることで、拘り過ぎていた物事も俯瞰して見れるようになります。


自分を客観的に見ることで、自分が進むべき新しい道を見つけられるのではないでしょうか。


人生にはもっと楽しいことや、嬉しいことがあることを失恋をもって理解することが出来ると思います。


失恋は失うことばかりではなく、新しくこれから得るものもあると思うと心は晴れて充実した時間を得ることができると思います。

 

新しい出会いを見つける。


失恋のあとは新しい出会いなんて無理だと思ってしまいます。


しかし、少しずつその想いを手放していくことで前に進めることもあります。


また傷が深く「もう恋なんて」と思っても、新しい出会いや恋が、
その傷を癒してくれるかもしれません。


大切な恋だったからこそ、自分の純粋な想いはそのまま心に保存してみてはどうでしょう。


そしていつか真剣に好きだった恋を優しく思い出すことができたなら、もう思い出に変わっていると思います。


前の恋人と全く同じ人はいません。
失ったパズルのピースを埋められるのはその人しかいないと思います。


しかし、新しい出会いの中で、失ったものを埋めてくれる優しさを持った人は必ず現れると思います。
そのためにも笑顔を取り戻し、自分らしく進む必要があるのではないでしょうか。

まとめ。


真剣な恋をしたなら、人を愛す尊さを知っているはずです。
執着を捨てることで、新しい自分を発見してみてはどうでしょうか。


そして、もう一度誰かを深く愛せる自分を取り戻し、
幸せになるべきだと思います。


長く続くトンネルも、いつか先に光があって、自分が進まなければその光に触れることはできません。


自分の心を大事に守り、育てるのは自分自身です。
執着から得るものはありません。
手放す勇気を持って前を向いて歩いてみて下さい。

 

 

《関連記事》↓↓

失恋から気持ちを切り替えるための大切な5つのこと。

【元彼を忘れられない】失恋から前に進むための5つの対処法。

失恋のトラウマから立ち直り、新しい恋へ進む方法。

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「人生を変えてしまうほどの、恋をした」(KADOKAWA)より発売中。