叶わなかった恋と大切な思い出。

大切な思い出と折り合いをつけるべきか。

恋愛相談

今日は忘れようと思っても、なかなか忘れられない恋をされた方からのご相談です。

Q. こんにちは。
カフカさんのTwitterに救われてかれこれ6年になります。本当にいつもありがとうございます。

私は現在22歳の新社会人です。
かれこれ7年前の高校1年生の時に出会った教育実習生のことが忘れられません。



当時(7年前)、高1(15歳)の私は、当時大4(22歳)の彼に本気で恋に落ちました。
彼の教育実習が終わった後、ラインを交換してもらい会うことはなかったですが、私の大学が決まった時など節目ごとにはやり取りをしていました。

そして、今から5年前。私が大学3年生の時に海外旅行でタイに行ったのですが、彼はタイで仕事をしているので会うことになりました。
そして会うのが最後だと思ったので、きちんと想いを伝えました。彼は「ありがとう」と言ってくれました。

付き合いたいとかではなく、自分的にも五年前で完結はしてたのですが、忘れられません。


最近は落ち着いてはきたのですが、忘れかけた時に夢に出てきたり、彼がインスタを更新したりするとセンチメンタルな気持ちになり、
「お元気ですか?」とラインを送りそうになってしまいます。


忘れたいとは思いませんが、夢の中で会った翌朝はとても苦しいですし、頭の中が彼のことでいっぱいになってしまいます。


大切な思い出と折り合いをつけて、このまま生きていくのが正解なのでしょうか。

叶わなかった恋だからこそ大切にできる。

A. ご相談にお答えします。


とても素敵な恋愛だと思います。
彼の「ありがとう」が全てを物語っているのではないでしょうか。


恋人として関係が成立していなくても、その恋が間違ってたなんてことはありません。


たとえ一方的であっても、恋は恋です。


彼としては、恋人として見れないけれど、自分を好きでいてくれて嬉しかったと思う気持ちがあると思います。
そんな意味の「ありがとう」にあなたへの確かな愛情が感じられます。

あなたにとって、その恋を忘れるということは、過去を全て忘れるくらい難しいことだと思います。無かったことなんて、出来ないと思います。


思い出にするにはもっともっと時間がかかると思います。
どうにもならない切なさがありますが、彼への想いを持ったまま今は過ごすしかありません。


少しずつ自分の気持ちと向き合って、折り合いをつけられたなら、
大切な思い出へと昇華できるのではないでしょうか。


叶わない恋だったからこそ、ずっと大切に出来る恋もあります。


寂しさはありますが、彼の健康と幸せを願うことで、
自分も前に進むことが、今あなたに出来ることではないでしょうか。

相談ありがとうございました。ご参考にして下さい。

今日の言の葉

報われなかった恋でも、相手の幸せを願うことで前を向ける




恋愛相談はこちらのメールアドレスにて受け付けています。お気軽に送って下さい。

→ kafuka.blog@gmail.com

pairs3

ABOUTこの記事をかいた人

kafuka

石川県金沢市生まれ。 TwitterやInstagramを中心に言葉を投稿しています。 最新刊「何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ」(KADOKAWA)より発売中。