【報われない恋】諦めきれない恋との向き合い方。

恋愛の難しいところはその恋が全て叶うとは限らないこと。
叶わない、報われない恋と分かっていても好きでいる気持ちは
簡単に消せるものではないし、
まして思い出にすることができないときがある。

報われない恋に落ちてしまったとき、
諦めるべきか、ずっと好きでいるべきか。
どんな気持ちで自分の心と向き合うべきか
大切な恋との向き合い方を書きました。

最初から叶わない恋。

「恋は落ちるもの」とよく言われるように、不意にそのときは訪れます。
「好きかもしれない」と思ったときはもう、その人のことをずっと考えてしまうほど恋に落ちているかもしれません。

恋愛で難しいところは自分の理性ではどうすることもできない点にあるのではないでしょうか?

好きになってはいけないと思っても、自分の気持ちに正直になれば「やっぱり好きだ」という気持ちが心を支配してしまう。
すぐ次の恋に、と思ってもそんなに心は簡単に忘れてくれません。

それではどのような報われない恋の形があるのでしょうか。

好きな人に彼(彼女)がいる場合。

せっかく好きになった人なのに、その人にはもう決まった人がいる。
そんな場合はきっと多いと思います。
心のどこかで最初から叶わない、諦めてしまおうと思っていても、
好きな気持ちは簡単に消えたりしません。

その場合、好きな相手がフリーになるになる待つこともできますが、
かなりの忍耐と精神を持たなければ難しい場合が多いと思います。

初めから叶わない恋、相手に決まった人がいる場合はあっさり諦めてしまうか、
自分の気持ちを持ち続けながら相手の気持ちが変わるのを待つしかないと思います。

相手が既婚者の場合。

好きになった人が既婚者である場合。
これもよくあることだと思います。ただこの場合の恋はかなりリスクを伴う覚悟をしなけばいけません。

もし、この恋が走り出してしまった場合、相手の家族を壊してしまうかもしれません。それだけの覚悟と気持ちを持ってこの恋と向き合う必要があります。

自分では叶わないと諦めていたけれど、相手から誘われてしまったから。
好きで付き合った人が実は既婚者だった。
そんなパターンはよくある話だと思います。

前にも書いたように「好きになってはいけない」と思っても恋に落ちてしまうものが恋だと思います。

ただ、この場合は誰かが必ず傷つき、苦しみを伴う恋だということも考慮しなくてはいけません。

自分の恋を否定しない。

報われない恋であっても消せない気持ちがあると思います。
諦めようと思っても、どうしても好きな人に心が向かってしまう。

そんなときは自分の気持ちを否定してしまいそうなときがあるかもしれません。
ここで大事なことは自分の恋心を認めてあげることだと思います。

たとえ報われない恋であっても人を好きでいることは自由だと思います。
またどうしても忘れられないこともあると思います。

自分の気持ちに蓋をしても、溢れてしまうことが恋ではないでしょうか。
自分の恋を否定せず、この恋とどう向き合って行くべきか。
簡単に捨てられない恋だからこそ、その恋と向き合い自分の成長につなげることもできると思います。

どんな恋も無駄な恋はないと思います。

たとえ成就しない恋であっても、自分にとって何かしら得るもの、
新しい自分を発見できることもあると思います。

納得するまで好きでいる。

叶わない恋であっても簡単に諦めきれない。
そんな人も多いと思います。

恋愛で大事なことは、その気持ちを自分で納得できるかだと思います。

たとえずっと片思いでもいい。
自分が納得するまで、その人を好きでいてもいいのではないでしょうか。
そして自分の気持ちに納得できたなら、その恋から自然と距離を置いてもいいと思います。

自分はどうしたいのか。
自分の気持ちに正直になることが恋愛には大事なことです。
ただ、ある程度の時間の区切り、気持ちの折り合いをつける期間を決めることも必要だと思います。

ずっと留まっていては自分自身、前に進めない場合があります。
自分の心と向き合いながら、納得できる場所へ進みましょう。

好きと執着を間違えないこと。

自分の気持ちを相手に押し付けたり、
こんなに好きなのに、相手の気持ちが自分に向かないことに
腹を立てたり、相手に対して逆恨みのような感情を持つことは非常に危険だと思います。

好き、という気持ちと執着を一緒にしてはいけません。

相手を追い詰めたり、相手に嫌な気持ちを抱かせてしまっては、
その気持ちは相手への好意ではなく、執着である可能性があります。

先ほど「納得するまで好きでいたらいい」と書きましたが、
自分の気持ちが執着か否かの判断を怠ってしまうと、間違った恋愛感情になってしまい、自分と好きな相手をも傷つけてしまいます。

もし自分の気持ちが執着に変わりそうならば、
その恋をそっと手放す必要もあると思います。

手放す勇気を持つ。

自分の大事な恋を手放すことは勇気が必要です。
それでも相手の幸せを考えるとき、自分が身を引く必要もあると思います。

手放すことは苦しいと思います。
大事な恋なら尚更だと思います。

好きな相手と結ばれることはなかったけれど、
自分の中で「好きでよかった」と思える恋愛ならば、
とても素敵な恋愛なのではないでしょうか。

成就する恋だけが恋ではありません。

叶わなかったけれど、本気で人を好きになれたこと。
それこそ価値ある恋であると思います。
真剣な恋をできたこと、人を心から想えたその気持ちはきっと次の恋に繋がるはずだと思います。

好きな気持ちはそのままでも、少し身軽になって新しい恋へ進むことで、
前向きになれることもあるのではないでしょうか。

好きな気持ちを抱えたまま前に進む。

報われなかった恋、叶わなかった恋を何年も引きずってしまうこともあるかもしれません。それは悪いことでしょうか。決してそう思いません。

本当に好きになった人はそう簡単に忘れられないものだと思います。
だから自分の気持ちを無理に忘れる必要はないと思います。

好きな気持ちを抱えて前に進めることもある。

思い出にすぐ変える必要はありません。
たとえ他の違う人と恋をしたとしても、ずっと好きだった人を思い出すこともあると思います。

それは未練と呼ばれることもあると思います。
しかし、離れてしまって未練のない恋などあるでしょうか。
自分はそう思いません。

ずっと好きな気持ちを抱え、前を向いて歩く姿こそ尊いものだと思います。
報われなかったとしても、愛はそこにあった。それが真実だと思います。

前に進める自分がいることを忘れないでください。
そしてまた本気で好きになる恋に進めたなら、少し強くなった自分がいると思います。

合わせ読みたい。↓↓